交通事故慰謝料スクール

交通事故の慰謝料を多くもらう方法

事故の状況を整理しよう

交通事故に遭った際に被害者となり、慰謝料を請求することとなれば多くの方はできる限り慰謝料を頂きたいと考えるものです。しかし、そこにはある程度の交渉術が必要になります。 まず最も重要なことが交通事故の状況を整理して、そのことを警察に伝えることです。基本的にこれを行わなければ保険会社に対して慰謝料の請求をすることもできませんし、加害者に対しては保険会社を間に入れずに直接やりとりしなければなりませんので必ず警察に伝えることが大切です。事故の状況を正しく整理することで、その事故の責任の所在がより明確になります。自分が被害者となったのであれば、より加害者の過失を訴えることと、自分の正当性をきちんと説明できるようにする必要があります。 また、交通事故の慰謝料は事故情報の整理がされれば、相手の保険会社の担当者との示談交渉となりますから、この際に保険会社の人に言いくるめられないようにある程度の知識を身につけることも必要です。理由をつけて慰謝料を低く抑えようとする保険会社もありますから、専門家へ相談するなど、自分でも知識を身につけておくべきです。

加入している保険を整理しよう

交通事故に遭った時、どのくらいの補償が受けられるのかわからない人が多いです。しかも、残念なことに突然大けがをしてしまい生活に支障が出るということもあるので、前もって把握しておきたいものです。 交通事故の慰謝料は、相手に過失がある場合は相手の自動車保険から受け取ることができ、さらに契約内容によっては自分の自動車保険から人身傷害保険金や搭乗者傷害保険などを受け取ることができます。また、多くの人は生命保険や共済保険などに加入しているので、その保険から自動車保険とは別に保険金を受け取ることもできます。自動車保険の賠償金と保険金が相殺されることはありません。さらに交通傷害保険の補償や交通事故を手厚くカバーするような共済契約がある場合は、自動車保険とは別に保険金や共済金を受け取ることができるなど、交通事故による損害の補償は実際の損害よりも手厚くカバーされることがあります。 ただ、請求漏れをしてしまうと受け取りができないため、自分の加入している保険をきちんと整理してどれくらいの補償が受けられるのか確認しておく必要があります。